30日は学習発表会です

昨日、学習発表会の予行をしました。今年は体育館発表です。どの学年も、普段の学習の要素を入れた劇を工夫し、一生懸命取り組んでいる様子がうかがえました。運動会でもそうですが、人前に出ることが得意な子どももいれば苦手な子どももいます。しかし、少人数の学校ですので、みんながいろいろな体験をします。それは、少人数の学校ならではのよさでもあると思います。マイクなしの体育館で、お客様に聞こえるようにと、普段聞いたことのないような大きな声でせりふを言っている子ども、照れくさそうに友達と一緒に踊っている子ども、自分よりも友達のことを心配して声をかけている子ども、みんなすてきです。人権週間前ですが、一人一人を大切に思い、力を合わせてよいよいものをつくりあげようとする学習発表会への取組は、学びの大きな機会だと思います。

30日当日、そんな石相の子どもたちに温かいご声援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

深まる秋

今朝は風の音で目が覚めました。しかし、子どもたちが登校する時間には穏やかな朝日が輝いていました。校門からふと校舎の方をふりかえると、数人の子どもたちがほうきで落ち葉を集めていました。石相小のシンボルツリーの櫂の木が、今週に入って落葉しているのです。誰が頼んだわけでもないのに、それもいろいろな学年の子どもたちが動いていました。今日の1日が楽しみな、朝のスタートとなりました。ところで、この櫂の木ですが、1本の木なのに南北で赤と黄色に分かれて色づくおもしろい特徴があります。しかし、なぜか今年は境がないようです。何の影響だったのでしょうか、少々残念です。それでも、青空に映えるすばらしい紅葉を、もうしばらく楽しむことができそうです。

CIMG3354

赤磐市音楽発表会に参加しました

今日は、3・4年生が、山陽北小学校を会場に開催された赤磐市音楽発表会に参加しました。合唱曲は「スマイルアゲイン」合奏曲は「パプリカ」です。全員で30名でしたが、温かい歌声を響かせたりリズミカルな演奏を披露したりすることができました。私は、本番で今までの最高のパフォーマンスをすることができた子どもたちの底力に感心しました。また、他校の演奏を聞く姿勢や出発から帰校までの態度もすばらしく、ずいぶん成長したなあと嬉しくなりました。苦手なことにも粘り強くがんばった子どもたちもさることながら、日々根気強く指導している職員も、しっかりねぎらいたいと思います。

3・4年生の演奏は、30日の学習発表会でも披露します。お楽しみに。

星のピアノ デビュー

かつて笹岡保育園に寄贈されたピアノが行き先を求めているとお聞きし、石相小学校にいただくことにしました。そのピアノは前町長の難波勉さんが、娘さんのために購入したピアノを保育園の子どもたちにピアノの音を聴かせたいということで寄贈されたものだと聞いたのです。難波勉さんには昨年学校にお越しいただき、この校舎を建て替えるにあたり、これから学ぶ子どもたちや地域のことを思って関わっていただいたことを話していただいておりましたので、よいご縁だと考えたのです。本校には星の駅という名前の会議室があったり天体望遠鏡があったり、校舎の壁には星座のレリーフがあったりしますので、「星のピアノ」と名付けました。雨で運動場が使えないときの休憩時間に、希望する子どもや先生がピアノを弾いてくれたらいいなあと思いました。

いよいよデビューのコンサートを行いました。オープニングをお願いしたのは、日頃お世話になりながらもなかなか子どもたちが接する機会の少ない事務さんです。「エリーゼのために」や今人気の「パプリカ」を弾いてくださいました。ピアノを置いたのが2階の吹き抜け近くですので、それはすてきな音が響き渉りました。まだ時間があったので声をかけたら、6年の男児が「弾いてみようかな」と、片手で「lemon」を弾きました。歓声が上がりました。それから女児が「ふるさと」を弾いたり、専科の先生が「花は咲く」を弾いてみんなで歌ったりしました。なんともすてきな昼休みになりました。

もし、業間休みや昼休みに、子どもたちにピアノ演奏を聴かせてやりたいなあと思われる保護者や地域の方がおられましたら、遠慮無くご連絡ください。レベルやレパートリーは問いません。一緒に楽しんでいただけたらありがたいです。

CIMG3352

学校公開日へのご参加 ありがとうございました

昨日の学校公開日はあいにくの雨の1日となりました。午前中はふだんの授業の様子を見ていただいたり、1・2年生主催のいしあいっこ祭りにご参加いただいたりしました。今年も赤坂ひまわりこども園の年長さんたちが来てくれて、楽しいひとときをいっしょに過ごしました。

午後からは人権講演会としてアンニョンクレヨンさんのコンサートを楽しみました。私がアンニョンクレヨンさんのコンサートを観るのは3回目となります。笹岡小学校に勤務していたとき、友人からもらったCDの中の「ともだち」という曲に感動して、ぜひ子どもたちに聴かせたいと思ってお招きしたのが1回目、次は校長として勤務した和気町の石生小学校が閉校するにあたり、楽しい思い出を共有したいと思いお招きしたとき、そして今回が3回目です。

アンニョンという名前からも分かるように、ボーカルの葵さんは韓国籍の女性、もう一人のボーカル壮馬さんは彼女と一緒に、子どもたちに夢を語りたい男性です。二人とも、自分の辛かった思い出を踏まえて、それでもがんばって夢を追いかける大切さをすてきな歌とトークで子どもたちに伝えてくれます。私が今回一番感動したのは、やはり「ともだち」の歌でした。石相の子どもたちは6月の歌として毎朝歌っていましたから、それはすてきな歌声でアンニョンクレヨンさんと一体になっていました。葵さんも感動のあまり涙していました。

石相の子どもたちも、参加してくださった保護者や地域の皆様も、それぞれに大変なことがあると思いますが、「ともだち」や「RESTART」の曲を思い出して、がんばろう!というエネルギーが湧いてきてくださったらいいなあと願っています。

今年も保護者の方と6年生が協力して、おいしい「いもどら」を作ってくださいました。秋の味が口いっぱいに広がりました。