未来の切符

給食後、全校児童がランチルームに集まりました。今週末2月2日に迎える新1年生と保護者のために歓迎コンサートをする練習です。歌うのはもちろん、石相小学校オリジナルソング「Believe a Dream」です。学習発表会以来というのに、きれいな高音が響きました。その歌詞の中に「大切なものは 未来の切符」という言葉があります。

昨日の軽部小学校の児童が下校時に巻き込まれた事故で、4年生女児の大切な命が失われました。未来の切符を奪われてしまったのですね。身近におきた大変な事故に、そして防ぎようのない事故に、昨夕職員は言葉を失いました。

そのこともあり、今日の子どもたちの歌声はあまりに美しく、命の輝きにあふれているように感じました。亡くなられたお子さんのご冥福とおけがをされた皆様のご回復をお祈りしています。

今年最初の春みっけ!

今朝の冷え込みもきつく、学校に着いた7時過ぎにはマイナス5度と車内の表示がありました。

しかし、そんな石相小学校にも確実に春が近づいていることを告げているものを見つけました!チューリップの芽が出ているのです。昨年、ホームセンターから寄贈された物などたくさんのチューリップの球根を植えているのですが、この厳しい寒さにもめげず、たくましくとんがった芽があちこちにのぞいていました。

そういえば、今週金曜日は2月2日、新1年生の入学説明会です。春見つけが楽しみな毎日になりそうです。

CIMG2167UFO型の花壇レイアウトになっています。春には色とりどりのチューリップが丸く囲むようになるでしょう。楽しみです!

給食感謝集会を行いました

今週は、給食感謝週間です。ランチルームでの給食は、インフルエンザの流行を予防するために中止しましたが、今日は各教室で給食を食べた後に集まり、感謝集会を催しました。会の企画・進行は給食委員会のメンバーです。

すばらしかったのは、野菜のペープサートを使ってクイズも組み込んだ給食委員会からの発表です。しっかり練習したのだろうなあと感心しました。

中央給食センターの河本先生からのお話を聞いたり、全校児童からのプレゼントを渡したりして、和やかに集会を終えました。明日の給食も楽しみです!

CIMG2158

はやくも 1月最終週です

 インフルエンザの広がりが心配された週明け、今日は1名が新たに診断されて休んでいます。しかし、下学年の方は落ち着いてきたようです。とはいえ、違う型のインフルエンザにかかることもあるそうですので、当分用心が必要ですね。

 さて、今日も業間時間に5分間のペース走を行いました。昨日の雪の影響か、走って行くうちにグランドがぬかるんできます。先週、職員がにがりをまいてくれていたおかげもあり、なんとか全員走り終えることができました。

 あたたかい中庭では、元気になわとびをするリズミカルな音が校長室まで響いています。今週末には2月になり、2日には新1年生の入学説明会があります。厳しい寒さは続きますが、確実に春が近づいているのですね。

主体的なあいさつ運動を目指して

石相小学校のすてきな取組のひとつに、運営委員会が中心になって行う「あいさつ運動」があります。登校してきた児童はそのまま校門付近に残り、全校児童が登校し終わるまで、あいさつを行うというものです。地域一帯に、子どもたちの声が響きわたります。しかし、アンケートをとってみても、先生達の実感からも、子どもたちが主体的にあいさつをしている感じがしないという反省がありました。

そこで、今回のあいさつ運動では、「やりたい」と思う人だけ校門に残ったらよいと運営委員会からの提案で行ってみました。低学年が数名教室に入りましたが、ほとんどの児童が校門に残り、さわやかなあいさつをしました。「○○さん、おはようございます」と、名前を付けてあいさつしてみようという担当の先生の声かけで、目と目を合わせたあいさつができていました。

学校だけでなく、地域でも家庭でも、自分からあいさつができる子どもを目指します。

CIMG2157