修了式を終えました

平成29年度の修了式を終え、子どもたちが嬉しそうに下校していきました。地域の皆様、保護者や寮の先生方の皆様のご協力をいただき、石相の子どもたちは、さまざまな体験や学びを重ねることができました。春休みの13日間に、心と体のエネルギーを充電した、元気な笑顔に再会できることを楽しみにしています。皆様、本当にありがとうございました。平成30年度の始業式は、4月9日(月)です。

CIMG2199校庭の桜が咲き始めました

バトンが渡されて

19日、6年生17名が巣立っていきました。あいにくの雨でしたが、卒業生も在校生も職員も、心を込めて大切な時間を過ごしていました。体育館中に響いた歌声は、ご来賓の皆様にもほめていただきました。本校の第2校歌とも言える「ビリーブ ア ドリーム」の力強いハーモニーは忘れることができません。

6年生から在校生に渡されたバトンはたくさんありますが、今朝は登校時に新しい班長がしっかりと下級生を連れてくる様子を見ることができました。6年生がいなくなった分、人数的にはさみしいものがあります。新1年生の入学が待ち遠しいです。

卒業式の予行をしました

昼になると、4月のような陽気です。この暖かさで、パンジーがぐっと元気になりました。チューリップもピンクが2輪咲いています。今日の午前中に、卒業式の予行がありました。本番さながらの緊張感で、子どもたちの気合いが伝わってきました。中でも6年生の呼びかけと歌は圧巻で、もう涙腺が緩みそうです。本番は、涙でうまく歌えないこともありでしょうから、今日のハーモニーが最高の歌声ではないかと思います。在校生に、すばらしい手本となってくれた6年生に感謝です。

感動の場面に遭遇

私事ですが、私の家の周りは、マンションが建ち並んでいます。今朝、自宅のベランダで洗濯物を干していたら、早朝にもかかわらず道に集まっている数人の男女がいました。私服姿でしたので、きっと中学校を卒業したばかりの人たちでしょう。それにしても、何をしているのだろうと気になりました。しばらくして駐車場から出ようとしたとき、歓声が上がりました。そして一台の車を男の子が走って追いかけていました。そこで、分かったのです。きっと卒業と同時に転居することになった同級生を、見送りにきた仲間達だったのだということが・・・。まだ6時半のことでした。感動しました。彼らにとってすばらしい中学校生活だったのでしょうね。これから中学校に向けて巣立つ我らが6年生にとっても、彼らのようなすてきな友情が生まれますように。

赤磐市の歌のプロモーションビデオをご覧ください

今朝の山陽新聞にも取り上げられていましたが、赤磐市の歌のプロモーションビデオがユーチューブに公開されています。石相小学校の児童も参加しておりますので、ぜひご覧ください。ただ、この撮影日が6年生の修学旅行の代休日だったために、6年生は参加していません。石相の子どもたちは、全員赤磐市の歌を覚え、心地よさそうに歌っていると監督さんが褒めてくださっていました。他にもたくさんの学校や地域の方が出演しているので、全員がアップで写っているわけではありませんが、すてきな石相小学校の校舎とそこで学ぶ子どもたちの様子は伝わっていると思います。よい記念になりました。