笑顔あふれる6年生を送る会

学級閉鎖の影響により、一週間遅れで「6年生を送る会」が行われました。どの学年も6年生に喜んでもらおうと工夫した出し物やプレゼントを用意していました。芸達者で表現力豊かな子どもたちが多く、涙が出るほど笑いました。また、先生方も放課後練習をがんばったバブリーダンスや歌を披露、6年生の笑顔が嬉しかったです。6年生を会場から送り出した後、5年生が在校生に協力のお礼と最高学年になる決意を伝えましたが、その態度も立派で感心しました。卒業式まであと6日です。

CIMG2183全校ゲームの王様じゃんけん、6年生はやはり強い!

6年生から感謝の会

先日招待状をもらった6年生からの感謝の気持ちを伝える会が、業間休みの時間に行われました。会場の家庭科室に入ると、テーブルに手作りサンドイッチと飲み物が用意されていました。また、全ての職員に、手作りのペン立てのプレゼントを渡してくれました。料理にもプレゼントにも、6年生の気持ちが込められていて、和やかな時間を過ごすことができました。

6年生が石相小学校に登校するのも残り8日です。楽しい思い出が増えますように。

お世話になった地域の方とお米パーティー

 今日は5年生が、お米作りでお世話になった地域の方をお招きし、お米パーティーを開きました。家庭科で学習したお味噌汁に山菜ご飯、イチゴ大福というメニューです。私もお相伴にあずかりましたが、5年生の感謝の気持ちのこもったおいしい料理でした。パーティーの後に、校長室でお話をうかがったのですが、石相小学校でこのように本格的にお米作りを始めて30年になるそうです。ということで、皆さんご高齢になり、今後続けていくのが難しいとのこと。先日のPTA新旧役員会のときにも、保護者の皆さんにお話させていただきましたが、これからの教育活動を進めて行くにあたり、世代交代が大きな課題となっています。

 これからも、子どもたちが石相で豊かな体験活動をすることができるように、しっかり学校からも発信していきたいと思います。保護者のみなさん、祖父母のみなさん、地域のみなさん、どうぞ石相小学校にお力を貸してください。

思わぬ出会いがあったとのこと

今日は5年生が社会科の校外学習で岡山駅近くのNHK放送局にでかけています。行きに熊山駅からJRを利用したのですが、具志堅用高さんに会ったとの一報が入りました。詳しい話を聞くのが楽しみです。5年生は、放送局の工夫について学習して帰ってきますが、午後は赤坂中学校で2回目の外国語学習です。5年生は盛りだくさんの1日です。

一方、卒業式の練習も始まっています。6年生が登校するのは、今日を入れて後10日です。

流行語が石相でも・・・

運動場で「そだねー」という声が響いています。様子を見てみますと、2年生が体育でサッカーをしているようです。平昌オリンピックのカーリングで一躍話題になったかけ声ですが、いい響きだなあと思います。「そだね-」は、「そうだね」という相手の思いを受け止めた返事です。単なる流行語として口にしているのかもしれませんが、なんとも和やかな雰囲気が伝わってきました。今日は、春の陽気です。また少し、チューリップの芽が伸びています。