タイツ君とのお別れ

今朝は、悲しい知らせがありました。特別支援教室で飼われていたうさぎのタイツ君が息を引き取ったとのこと、毎晩家に連れて帰って世話をしていた教員が、目を真っ赤にして報告してくれました。子どもたちがお別れできるように、タイツ君をかごの中に入れお花で飾ってくれました。タイツ君は、腰から下が茶色くて、まるでタイツをはいているような姿からその名前が付けられたそうです。生まれつき歯の生え具合が悪く、集団では食事をとることができませんでした。そこで、一匹だけ檻から出して、支援学級の中で飼われていたのです。多くの子どもたちが、タイツ君と過ごすことで癒やされていました。気分の切り替えが難しい子どもも、タイツ君とのふれあいで笑顔になっていました。生き物と過ごすということは、命と向き合うことです。いつかはお別れを経験しなければなりません。今日は、教科書では学べないことを学ぶ日になりそうです。ありがとうタイツ君。

給食感謝集会

今週は、給食感謝週間です。石相小学校では、全校がランチスペースで会食しています。今日は、給食センターの河本先生をお招きして、給食委員会主催の感謝集会を行いました。まず、給食に携わってくださっている方を写真で紹介しました。授業中に運搬してくださっているので、お姿を見ることはありませんが、多くの方が関わってくださっていることが分かりました。

次に、給食委員会によるペープサートの劇で、いろいろな食材をしっかり食べようと伝えました。よく練習していて、感心しました。

最後に、河本先生のお話を聞きました。世界中の人をランダムに9人グループにしたら、一人は今夜帰っても食べるものがないことになるそうです。また、残飯はごみになってしまうことを、写真を見せて分かりやすく伝えてくださいました。しっかりお話を聞いていた石相っこたちですから、今夜から感謝のきもちをもって残さず食事をすることでしょう。

CIMG3023

子どもたちの苦手な、ピーマン、いわし、もずくも、工夫して料理すればおいしくなるよというお話

いってらっしゃい運動をしました

昨日は、今年度3回目の「いってらっしゃい運動」の日でした。3学期になって一番冷え込んだ朝でしたが、区長さんや担当地区の保護者のみなさん、地域の方や警察の方もご協力くださいました。今回担当の山口地区は児童の数は少ないのですが、いつも気持ちの良いあいさつのできる子どもたちです。「いつも、安全運転をありがとうございます。」「いってらっしゃーい!」と明るく手紙を渡していました。年々通過する車の数は減っていますが、この運動により、子どもたちも地域の方も通過する方も、みなさんが安全を心がけることができるのではないかと思います。軽部小学校の痛ましい事故から1年が経とうとしています。

 

エコプラザを見学してきました

 午前中、4年生と一緒にエコプラザあかいわを見学してきました。平成26年に完成したエコプラザは、清潔感と機能性の高い建物で、どのようにゴミが集められて処分されているのかが大変分かりやすいように見学コースや展示が充実していました。機械化が進んだ施設ですが、ペットボトルやプラスチックの分別場所では、手作業で余計なゴミが入っていないか確かめたりペットボトルのシールをはがしたりする作業の様子を見ることができました。赤磐市は全国トップクラスでこの分別がきれいに行われているそうです。自分ひとりぐらいと油断せず、これからの地球のためにもしっかり分別したりリサイクルしたりしていきたいなあと思いました。4年生は、牛乳パックをリサイクルした紙すき体験をさせていただきました。一人一人、すてきなしおりができてよい記念となりました。

CIMG3005

 

1・17を忘れない

 一段と冷え込みの厳しかった今朝、阪神淡路大震災から24年を迎えました。本校の新採用教員は、まだ生まれていなかったことに気付き、時間の流れの速さに驚いています。あのとき、私は山陽西小学校の5年生の担任でした。学校で見たテレビ映像・・・美しかった神戸の街が崩れ、長田町が燃えていました。私の伯母が三宮に住んでいたのですが、夜まで連絡はつかず、もうだめかと思いました。(おかげさまで無事でした)

 次の日から、山陽西小学校では避難してこられる方の対応を始めました。各クラスに1・2人は被災児童が来たように思います。その多くが、着の身着のままで何も持ち出せていなかったようでした。当時から児童数が激減したいた山陽西小学校の空き教室に、電気製品、衣類、文具などが仕分けされておかれ、自由に持ち出しできるようになっていました。助け合い・支え合いの日々だったように思います。大変だったけど、日本の温かさ・強さを感じたときでもありました。

 しかし、その後の東日本大震災や相次ぐ自然災害で、当時のように「日本なら大丈夫」という悠長なことは言っていられない昨今です。過去の経験を生かし、未来の安全・安心につなぐことができるようにしていきたいものです。

 今日は地震の避難訓練を行います。自分の命を守る行動を、自分で判断して実践できるように、訓練は欠かせません。ご家庭でも、ぜひ話題にしていただき、揺れ対策等ご検討ください。