あれから8年

さきほど、全校で黙祷を捧げました。東日本大震災から8年が経ちます。テレビでは、まだまだ復興半ばであることが伝えられています。遠く離れた岡山では、なかなか実感を持つことはできませんが、今日のお昼の放送であの頃みんなが口ずさんだ「花はさく」の曲が流れたときに、いろいろなことがフラッシュバックしてきました。信じられないような津波の映像、刻々と分かる被害の甚大さ、その後長い間国民全体が喪に服したような時間がありました。

災害の少ない岡山と言われていましたが、昨年の豪雨被害の爪痕は今も残っています。過去の出来事を風化させず、自分たちの今と未来の暮らしに生かさなければなりません。

今日、一緒に黙祷した子どもたちの多くが、東日本大震災後に生まれています。ぜひ、ご家庭や寮でも、話題にしていただき、いざという避難についてもそれぞれで約束の確認をしていただけたらと思います。