卒業式の予行を行いました

今日は本番とほとんど同じように、卒業式の予行を行いました。少人数の石相小学校は、全校児童が参加します。練習を積み重ねた成果で、1・2年生もごそごそと動くことなく、力一杯呼びかけの言葉を言ったり歌ったりすることができていました。圧巻は6年生です。呼びかけの張りのある声も二重唱の響きも見事でした。当日は、感情の高ぶりで思うように声が出ないことがありますが、ぜひ保護者の方やご来賓の方に堂々たる姿を見ていただきたいと思います。

さて、季節の花をよく届けてくださる地域の方が、啓翁桜という品種の桜を持ってきてくださいました。河津桜の後を追うように可憐な花びらを開いています。今年の予報では、終業式の頃にはソメイヨシノも咲きそうですね。

CIMG3071