実りの秋

昨日は全校児童と赤坂ひまわりこども園の5歳児さんとでさつまいも堀り、今日は5年生が稲刈りと実りの秋を実感する日々です。昨年はさつまいもがほぼ全滅でしたが、今年はラグビーボール並みに大きいものがたくさんとれました。また、プールの横に新たに作った石相田では、5㎏ほどのお米を収穫しました。女児がぽつり、「このお米、被災地に送れんかなあ。」とつぶやきました。

今年の台風の被害の甚大さは、決して他人事ではないことを、子どもたちも感じているのでしょう。自然災害への備えは、日頃から意識しておかねばならない厳しい時代になりました。

そんな中、今日の午前中には運動場から元気なあいさつや声が響いてきました。赤坂中学校の体育の先生をお招きし、低・中・高学年が1時間ずつ授業をしていただいたのです。心も体もしっかりとたくましく大きく育ってほしいなあと、がんばる子どもたちの姿にエールを送りました。