深まる秋

今朝は風の音で目が覚めました。しかし、子どもたちが登校する時間には穏やかな朝日が輝いていました。校門からふと校舎の方をふりかえると、数人の子どもたちがほうきで落ち葉を集めていました。石相小のシンボルツリーの櫂の木が、今週に入って落葉しているのです。誰が頼んだわけでもないのに、それもいろいろな学年の子どもたちが動いていました。今日の1日が楽しみな、朝のスタートとなりました。ところで、この櫂の木ですが、1本の木なのに南北で赤と黄色に分かれて色づくおもしろい特徴があります。しかし、なぜか今年は境がないようです。何の影響だったのでしょうか、少々残念です。それでも、青空に映えるすばらしい紅葉を、もうしばらく楽しむことができそうです。

CIMG3354