コロナ差別をしない!シトラスリボンづくり

昨日の学校保健委員会で、シトラスリボンを作りました。愛媛県発信のコロナ差別をしない地域づくりを目指した取組です。講師の先生の詳しい説明書や実物投影機に写される手順を見ながら、なんとか仕上げることができました。5年生の親子で参加してもらいましたが、すばやく作ることができる人あり、うんうんうなっている人ありでいつもの学習の姿とはひと味違った姿を見ることができました。岡山県の感染状況のレベルが一つ下がったようですが、まだまだ油断はできません。いつ、誰が感染してもおかしくない状況だと思っています。だからこそ、正しく恐れて予防対策をする、万が一感染者が出た場合にもいたわりの気持ちを大切に完治を願う、そんな子どもたち、地域であってほしいと思います。ちょっと不格好なリボンになってしまいましたが、さっそく校内で着ているジャンパーの襟につけてみました。さわやかな黄色に、少し春の気配も感じました。